スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8 「1998全日本総合 脅威のモンスター」②

平井「もう大丈夫なん?」
川口「痛みはなんとか…」
次の日になっても、川口の顔は腫れまくっていた。
(コ!コワイッ~!)
その予選当日、NTT関西の予選出場者は
ダブルスは早戸/常山・松井/川口&学生2組
シングルスは植村・渡辺・橋本・川口&一宮であった。
そして、混合が植村/鬼池(めぐみ)<三洋電機>
対戦カードは、
早戸/常山VS中原(学)/川添(周三)<高知県教員>
松井/川口 ⇒ 予選免除
植村VS水澤(直哉)<NTT北海道>
渡辺VS松本(準緒)<新潟県>
橋本VS中村(寿史)<八代東高校>
川口VS吉川(大助)<トナミ運輸>
植村/鬼池VS正田(章二)/上田(晴世)<東京都>
この年から予選から本選に上がれる枠が増え
(本選 単複32名/組 混合20組)
予選無しというラッキーなくじを引いた者もいた。
(ラッキーやのぉマチュ~)
苦戦しそうなのはやはり
NTT北海道・水澤と対戦する植村さん
トナミ運輸・吉川と当たるケイシであった。
(吉川はやりにくいからな…)
その昔、インカレ団体戦のシングルスで完敗した記憶が蘇る…。
(なんかズルイんよね~ショートサービスからチョコチョコと)
だが、試合が始まるとケイシの雰囲気がいつもと違う。
(ダラダラしてないゾ!?)
目つきも普段より鋭い。
吉川もケイシの変則的なテンポのプレーに苦戦している。
(イケル!)
結果、ファイナルで見事に勝利。予選突破。
平井「集中してたな~」
川口「気を抜くと歯が痛くて…」
平井「はぁ?」
川口「試合に集中してる方が歯のこと忘れられるんです。」
(ズコッ!歯が痛いほうがいいんちゃうん…)
その他のメンバーは植村さんのシングルス以外は勝利。
(一宮もシングルスは負けたもののダブルスで本選出場。)
全員、明日以降の本選に進出したのである…。

…つづく



ランキングサーキットに参加中。

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
ランキングボタン

ランキングに参加中。
みなさま訪問毎ワンクリック
よろしくお願いいたします。
カレンダー
プロフィール

ジャンボーグ

Author:ジャンボーグ
---バドミントン経歴---
唐崎中(滋賀)
比叡山高(滋賀)
京都産業大(京都)
NTT関西(大阪)
NTT西日本大阪(大阪)
大阪トリッキーパンダース(大阪)

現:無所属(大阪府実連)

利き腕 : 右
ラケット : Babolat SOLAR 2

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。