スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6 「1998全日本社会人」part.1

9月中旬、熊本県で行なわれた全日本社会人。
平井「まだかよ~」
橋本「ホンマに遠いな。」
熊本から八代までの遠さにイライラ…。
もちろんイライラの原因はもう一つあった。
(なんで、林・西山やねん!)
この思いが抜けぬまま大会がスタート。
初日、ダブルス16入りまで。
NTT関西軍団は順調に勝ち進みベスト32到達。
そして運命の対戦カードは
岸田/平井VS林/西山<長崎県協会>
早戸/常山VS星(拓磨)/井野(嘉久)<NTT北海道>
松井/川口VS紺谷(幸一)/岡山(秀義)<トナミ運輸>
渡辺/鈴木VS村井(秀樹)/古川(英樹)<NTT北海道>
さすがにここまで来ると勝敗は読めない相手ばかり。
そして、自分たちも大きな山(…か?)
試合開始。
第1ゲーム、岸田さんの前衛が絶好調。
完全に西山を圧倒しほとんど攻撃できる状態。
また、相手もこちらに慣れていないようでミス多発。
あっけないほどの楽勝。
(…イケんじゃねーの?)
しかし、2ゲーム目以降は西山の前衛につかまり
チャンスらしいチャンスは生まれず守りがちに、
どうしても林さんのアタックに自分のレシーブが
対応できず、ファイナルで敗退。(15-5・8-15・10-15)
(あかん、林さんへの苦手意識が消えん!)
そして、なにより試合前から彼らに意識しすぎであった。
その結果1ゲーム目で持ち球を使い果たし
2ゲーム目以降のゲームプランが狂ってしまった。
横のコートでは、哲ちゃんと草マオ兄さんが討ち取られていた…。
(ダメか…)
そんな中、ベテランコンビの早戸/常山はNTT北海道ペアに
ルーキーのマチュ&ケイシはトナミペアに何とか勝利。
全日本総合の出場権を獲得していた。
平井「やるじゃんマチュ~」
松井「あぁ~まぁ…」
(テンション低!去年の橋本とはえらい違いやな…)
平井「んで次は?」
川口「片山/久保田です…」
平井「………まぁがんばれ!」
自分自身、後輩を励ましてる場合ではなかった。
明日のシングルスは気合い入れて頑張るしかねぇ
負けたら2日目で大会終了になってしまう!
(まぁ2年前は大会1日目で終わりましたけどね…)


・・・つづく


長期間更新できず申し訳ありません~
チョイチョイ更新していきますので、見捨てないで…



ランキングサーキットに参加中。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
ランキングボタン

ランキングに参加中。
みなさま訪問毎ワンクリック
よろしくお願いいたします。
カレンダー
プロフィール

ジャンボーグ

Author:ジャンボーグ
---バドミントン経歴---
唐崎中(滋賀)
比叡山高(滋賀)
京都産業大(京都)
NTT関西(大阪)
NTT西日本大阪(大阪)
大阪トリッキーパンダース(大阪)

現:無所属(大阪府実連)

利き腕 : 右
ラケット : Babolat SOLAR 2

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。