スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5 「スーパー教職員」

平井「今年もベスト8でしたね…」
渡辺「おれほとんど試合してないし~」
ベスト8まで危なげなく勝ち進んだ
1998年の全日本実業団は準々決勝で
NTT東京に0-3で完敗。
3年連続ベスト8で終わっていた。
自分自身も一番勝ちたかった
片山/久保田組にファイナルで負け
(総合3位だの、ナショナル選考だの…ダメやん)
次の目標は全日本社会人に向けられていた。
今年度の社会人のダブルスは
岸田/平井 早戸/常山 はそのまま
新たに、川口/松井 と 渡辺/鈴木(草麻生)・トナミ運輸
で参戦することになった。
自分たちは昨年ベスト8の為、シードは確実。
昨年総合3位やったから全日本総合はすでに権利がある…
とはいえ、やはり強敵が入ってこない方がイイに決まっている。
シードが無い強敵…社会人の場合それはルーキー達である。
1998年度の大物ルーキー達…
日本ユニシス…矢部(正博)&藤本(ホセマリ)
トナミ運輸…吉川(大助)
NTT北海道…井野(嘉久)
NTT東北…草井(篤)
…ペアで揃って実業団に入部した大物はいなかった。
平井「どうかな~」
橋本「シングルスはキツイ奴が多いな~」
平井「ダブルスは矢部/ホセがハズレやな」
そんな中、全日本教職員で優勝したペアがいた。
林(貴昭)/西山(勝也)組である。
日本ユニシスを辞め長崎の教員になった林さんと
矢部と組んで昨年度のインカレチャンピオンになった西山。
圧勝で全日本教職員を制したとの情報。
(うーん、社会人出るんかなぁ?出てるなら大ハズレやな)

…数日後、社会人のドローを見ると
平井「なんでやねん!」
見事に大ハズレ。
ベスト16入りで林/西山。
3回目の全日本社会人選手権は始まる前から
厳しい戦いが予想されたのである。



ランキングサーキットに参加中。

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
ランキングボタン

ランキングに参加中。
みなさま訪問毎ワンクリック
よろしくお願いいたします。
カレンダー
プロフィール

ジャンボーグ

Author:ジャンボーグ
---バドミントン経歴---
唐崎中(滋賀)
比叡山高(滋賀)
京都産業大(京都)
NTT関西(大阪)
NTT西日本大阪(大阪)
大阪トリッキーパンダース(大阪)

現:無所属(大阪府実連)

利き腕 : 右
ラケット : Babolat SOLAR 2

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。