スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1998年度 1 「上海フィーバー」Part.1

1998年4月。昨年度同様、今年も恒例の対抗戦
「大阪市・上海市バドミントン競技会」が行なわれる。
しかも、今回は中国の上海市にて行なわれるのだ。
大阪代表としてNTT関西から参加したのは
松井監督・渡辺・岸田・平井・橋本・川口の6名
自分は、ダブルス・ミックスでの参戦である。
平井「やっぱり自転車ばっかりかな?」
橋本「んなわけないやろ。」
平井「みんな人民帽かぶってる?」
橋本「んなわけない。」
川口「マクドナルドありますかね~?」
橋本「どうやったかな~?」
(マクド好きねぇ~)
渡辺「こんな時はその土地のモン食えよ!」
川口「自分は味が分かってるもんがいいです!」
んなこと言ってると、飛行機は空港に到着。
あっという間に中国入り。
町並みは日本とそう大きくは変わらなかった。
ただ、道幅は広く・建物はデカイ。
そして、とにかく人が多い!
(なんか全てが圧倒されるわ~!)
バスに揺られること1時間。
上海体育技術学院に到着。
早速、練習が始まったのである。
そこにいた上海チームは昨年と同じメンバー+さらに若者。
お互い顔を見てニヤニヤ笑っていた。
(まぁ去年の夜はおもしろかったからな…)
練習は、基本的にゲームであったが
太陽光利用のため?日本の体育館と違いとにかく暗い。
逆光時は相手の顔が見えないぐらいである。
そして、中国のシャトルは重くパワーが必要であった。
(こりゃ疲れるわ)
終わると、バタバタとホテルに帰り食事…
この食事がまた、コテコテのギトギト系。
(味はおいしい)
…中国の底力の源を見たような一日目であった。

・・・つづく


ランキングサーキットに参加中。

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
ランキングボタン

ランキングに参加中。
みなさま訪問毎ワンクリック
よろしくお願いいたします。
カレンダー
プロフィール

ジャンボーグ

Author:ジャンボーグ
---バドミントン経歴---
唐崎中(滋賀)
比叡山高(滋賀)
京都産業大(京都)
NTT関西(大阪)
NTT西日本大阪(大阪)
大阪トリッキーパンダース(大阪)

現:無所属(大阪府実連)

利き腕 : 右
ラケット : Babolat SOLAR 2

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。