スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6 「1997全日本総合」Part.5

さて、ベスト4まであと1つ。
3回戦の相手は昨年の日本リーグでも対戦した
村井/佐藤<NTT北海道>である。
フォアサーブを駆使し相手のリズムを崩しに来る村井さん
相手の力を吸収し利用するのがうまい佐藤さん
独特のスタイルで勝負するこのペアは
力勝負で来るペアとは違いかなりイヤラシイと評判で
各チームから一目置かれ、まさに『難敵』であった。
それでも、昨年の日本リーグはアタックしまくって
ファイナルゲームでなんとか勝っていた。
(もう一回絶対に勝つ!)
第1ゲーム、思ったより攻めてこない相手に対し
得意の攻撃パターンが炸裂し15-9で勝利。
(いけるわ~)
第2ゲーム中盤、いままで決まっていたところで決められない
展開が続くと、凡ミスを連発しあっという間に7-15で負け。
勝負は第3ゲームへ…。
当然、松井監督からは厳しいアドバイス。
(くっそ~)
そして、ファイナルゲーム。
集中力を高め攻めに攻めまくったこのゲーム
気が付けば15-3で圧勝し見事にベスト4進出!
…しかし、松井監督は喜びの表情は無く難しい顔でこう言った。
「全然あかんな…」
(!?)
よほど、2ゲーム目の出来が悪かったのだろう…
そして、今思えばその一言にいろいろな思いが込められていたのだろう。
しかし、残念ながら、その時の自分はまったく理解していなかった。
アドバイス終了後もおさまらないその苛立ち。
平井「なんやねん。頑張ったっちゅうの!」
岸田「・・・」
平井「どっか悪かったんですかね?」
岸田「さぁなぁ…まぁいいやん。」
とにかく、勝ち残ったのである。
そして、まだミックスでの勝負が残っていた。
(ミックスも勝ち残ってやる!)

・・・つづく


ランキングサーキットに参加中。

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
ランキングボタン

ランキングに参加中。
みなさま訪問毎ワンクリック
よろしくお願いいたします。
カレンダー
プロフィール

ジャンボーグ

Author:ジャンボーグ
---バドミントン経歴---
唐崎中(滋賀)
比叡山高(滋賀)
京都産業大(京都)
NTT関西(大阪)
NTT西日本大阪(大阪)
大阪トリッキーパンダース(大阪)

現:無所属(大阪府実連)

利き腕 : 右
ラケット : Babolat SOLAR 2

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。