スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.「壮絶!大阪国体合宿」

その男は突然やってきた。
NTT関西メンバーは誰も彼を知らなかった。
松井監督が次年度の採用で獲得しようとしている男だ。
当時、2歳下の学年のスター選手といえば、
日体大の矢部(正博)・西山(勝也)中央大の藤本(ホセマリ)
早稲田大の吉川(大助)、筑波大の中村(祐樹)などがいたが
彼はいわゆる有名選手ではなかった。
渡辺「誰や?」
川口「まぁまぁ大きい人ですね。」
そんな彼は、自分には見覚えの有る男だった。
それは、大学4回生の最後のインカレ。
しかも開催地は大学の地元・京都。
その直前の関西リーグで初優勝をしていた京産大は
当然、上位進出を期待されていた。
その期待を砕いた男こそ関東学院大学2回生の彼だった。
自分はこの男に団体戦で単複やられ、京産大も敗退してしまったのだ。
平井「あいつは関東学院の奴です。自分やられました。」
渡辺「知ってるの?」
平井「インカレでやられました。でも良く分からんプレーです。」
そう、自分の練習不足もあったが彼のプレーは少し変わっていた。
(なんかやりにくいプレーやったなぁ~)
そんな彼の名前は「松井充」。
松井監督「関東学院の松井君、来年どうかな?」
平井「そうですか…彼ですか。」
まず、サントリーの体育館で行なわれたNTT関西の合宿に参加した彼は
独特のプレースタイル、フットワーク、スイングで周りを驚愕させた。
川口「蟹ですね…」
橋本「完全にカニやな。」
左利きの彼は動きが特徴的で
強引なスイングが「カニのはさみ」を連想させた。


・・・つづく


ランキングサーキットに参加中。

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

笑える・・・

リアルすぎて~噴出してしまいます。

おもろい素材の方々ですが、文章力がありすぎる~

ブログ読んで、腹筋強化になってます。
感謝!(笑)

ありがとうございます。
自分で読んでも楽しいように書いてます。

登場人物を知っていれば
さらに面白いですよ!
まだまだバドミントンに
関わっている人が多いですよ~。
非公開コメント

アクセス
ランキングボタン

ランキングに参加中。
みなさま訪問毎ワンクリック
よろしくお願いいたします。
カレンダー
プロフィール

ジャンボーグ

Author:ジャンボーグ
---バドミントン経歴---
唐崎中(滋賀)
比叡山高(滋賀)
京都産業大(京都)
NTT関西(大阪)
NTT西日本大阪(大阪)
大阪トリッキーパンダース(大阪)

現:無所属(大阪府実連)

利き腕 : 右
ラケット : Babolat SOLAR 2

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。