スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12 「1997 1月~3月 (オフシーズン)」Part.2

さて、練習内容は…
とにかく、よく走った。(いや、普通レベルかも…)
まずはダッシュ。関西チームのルールは
約5人で一組。1往復(40Mぐらい)で勝負。
1位が1点・2位が0.5点・3位が0.3点で3点に達すると勝ち抜け。
自分はダッシュには自信があった。
松井監督のシャトルの筒をたたく音がスタート合図だ。
「おりゃー」
気合で走り抜ける…しかし、いつも2位なのだ。
「は、速いっ」
1位は常に岸田さんであった。
勝ち抜けるには早く岸田さんに抜けてもらい(3連勝してもらい)
その後が勝負だった。
そして、ほぼその後2連勝で勝ち抜け(2位×3+1位×2)
最後は、渡辺・早戸・植村・その日ゲストで醜い争いになっていた…
(早戸さんはおじさんなので監督に2点勝ち抜けにしてもらっていたが…)
もうひとつの「走る」は…
体育館近くにあった淀川沿いを往復する長距離走。
また、淀川沿いで行なう中距離走である。
巨人は長距離は苦手であった。
「はぁはぁはぁ…死むぅ」
巨体を動かすエネルギーが足りないのか
中学のころからの鼻炎により呼吸しづらいのが悪いのか
とにかくすぐに苦しくなった。
「お先~」
次々と抜かれる巨人。
やはり、渡辺・植村・岸田のシングルス陣は速く
全然ついていけなかった。
(自分は松井監督よりも遅かったですから!)
そして、この時代もっとも憂鬱にしてくれた練習。
『中距離走』(約300M)
近いようで、結構遠い。
加速も良かったが、減速もすさまじく
ゴール手前ではフラフラになっていた。
走っていて100M以降はとにかく苦しいし
筋肉の疲労感がハンパではなかった。
そしてこれは、結構みんな苦手だったような…
大井さんが結構速かったような…
フラフラだったから記憶が曖昧。
自分には瞬発系の筋肉しかなかったらしい。

まぁとにかく、この時期は基礎体力作りを
チームメンバーだけでなく大阪のあらゆる人達と行い、
次年度に向けて力を蓄える苦しいながらも結構楽しい練習でしたねぇ。
(あくまでも今考えると…ですけど。)


1996年 完



ランキングサーキットに参加中。

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無料 出会い系 携帯 早戸

出会い系サイトでタダでHをする方法 念のためフリーメールを用意。Yahoo!のメールが無料で登録も簡単。infoseek、goo、livedoor、Exciteも人気。 フリーメールで登録できる無料出会い系サイトを選ぶ。まずは大攻勢をかけまとめてどん...

コメントの投稿

後輩、先輩の名が出てきて懐かしんでます。私のブログにリンクはっときました~!

ありがとうございます~。

選抜は少し残念な結果でしたね…。
なにか要因があったのか無かったのか…。
その辺はまたの機会に。

回顧録はこの後もいろいろな方が出てくるハズ?

ご期待くださいませ。
(バタバタしていてペースが遅れていますが…)

非公開コメント

アクセス
ランキングボタン

ランキングに参加中。
みなさま訪問毎ワンクリック
よろしくお願いいたします。
カレンダー
プロフィール

ジャンボーグ

Author:ジャンボーグ
---バドミントン経歴---
唐崎中(滋賀)
比叡山高(滋賀)
京都産業大(京都)
NTT関西(大阪)
NTT西日本大阪(大阪)
大阪トリッキーパンダース(大阪)

現:無所属(大阪府実連)

利き腕 : 右
ラケット : Babolat SOLAR 2

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。