スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11 「代々木第二体育館」Part.3

試合をするのに緊張することはあったが
コートに立つことに恐怖(恥ずかしさ)を感じたのは初めてだった。
とはいえ、試合のコールがあり試合はせねばならない。
対戦相手は当時の世界ランキングトップ10に入るレベルの
中国の陳(興東)・彭(新勇)でシードぺアだった。
自分達は当時の持てる力をすべて出したと思うが
結果は残酷なものだった。
(半分の点数も取れずに敗退)
敗退後は、海外の選手のプレーを目に焼き付けようと必死で観戦した。
動き・パワー・持久力・技術・展開
すべてにおいて日本選手の勝てる要素はなかった。
なにより、海外選手同士の対決の方がおもしろかった!!
(参加することと、勝つことがこれほど違うとは!)
(そして、こんなにも日本は弱かったのか…。)
その日本代表にもなれない自分はいったいなんなのか?
(なんだろな~この感覚は…1年間やってきたことを全否定された様な…)
ようやくバドミントンに興味を持ち
日本のトップをめざし
日本のトップの力を掴みかけていた
しかし、それは世界のトップのスタンダードではなかった…。

もう一度必ずこの舞台に立つ!
やはり、そのためにも日本で勝てるようにならねば…
初のジャパンオープンは世界を感じるには十分であり、
新たな決意を胸に大阪に戻ることになった。


※更新遅くてスミマセン~ガンバリマス…



ランキングサーキットに参加中。
皆様の力で初優勝を目指しています。(あと1歩!?)

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
ランキングボタン

ランキングに参加中。
みなさま訪問毎ワンクリック
よろしくお願いいたします。
カレンダー
プロフィール

ジャンボーグ

Author:ジャンボーグ
---バドミントン経歴---
唐崎中(滋賀)
比叡山高(滋賀)
京都産業大(京都)
NTT関西(大阪)
NTT西日本大阪(大阪)
大阪トリッキーパンダース(大阪)

現:無所属(大阪府実連)

利き腕 : 右
ラケット : Babolat SOLAR 2

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。