スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1 「死んだ目のルーキー」

3年構想・・・事態は急変していた。
NTT東京黄金時代に抵抗し続けた名将辻田(泰昌)さんの引退や、
メキメキと頭角を表していた今井(彰宏)さん・鈴木(草麻生)さんの
トナミ運輸への移籍で大幅に戦力ダウンした1995年度の日本リーグにて
NTT関西は全敗を喫し入れ替え戦へ、そこでなんとか一部残留を決めたものの
明らかに戦力不足であった。
悪いニュースは続く、即戦力として期待されていた
筑波大学卒業予定の岡部さんは卒業予定のままで、入社式で姿を見ることはなかった。
一人取り残された3年後期待の男は、いつのまにか即頑張らなければならない
状況になっていた。しかし、学生気分満開の男はヤバイ空気を察知することなく
日々を送っていた。
「NTT関西って仕事普通にするんですね・・・昼から練習やと思ってましたわ。」
「寮の場所すげー遠いですわ。何とかならんですかね?」
先輩方に学生ノリで質問攻め。練習も参加しただけで精一杯やりましたって感じ。
いわゆるダメ男。だが、気付かない。
新人歓迎会をOBの諸先輩方も呼んで開催していただいたときも
「では、NTT関西での抱負を語ってもらいましょう~」
「……とりあえず頑張ります。」
「と、とりあえず~!!!!?」
前監督の冨田(章夫)さんも思わずつっこむ!!それでも、気付かない!
その後の試合結果もやはりダメ。大阪総合でシングルス1回戦負け。
ダブルスは植村さんと組んでベスト8。今から考えたら最低な成績。
でも当時はなぜか満足していた。誰になんと言われようが変わらなかった
(こんなもんやで)。
学生と違い朝の7時に起き、会社へ向かい、仕事。
就業後、守口の体育館へ向かい練習。練習後、遠い寮へ夜の11時に帰宅。
帰りにはコンビニ弁当。イライラしていた。レベルの違うスゴイ先輩ばかりで
誰にも相談できないのも原因だったのか…
そして、思いは全日本実業団で思わず爆発してしまう…
相手は金沢市役所であったと思う。初めて岸田さんと組んでの公式戦。
対戦相手は毛利(達彦)さんがおられて厄介なダブルスであった。
「とにかく入れとけ。」
「そこは止めろ」
「しっかり守れ」
「…●×△◇」
とにかく、注意されまくった。
(できていないから当然だが…)
しかし、そこでいろいろな我慢は限界に達し爆発した。
「うるさいねん!」
「あんたにはできるかもしれへんけどおれにはでけへんのじゃ~。」
「・・・・・・・」
その試合、勝つには勝ったが、後味の悪いものになった。
その後ベスト4目前でYKK九州に敗北。
初めて対戦した外人はリオニー・マイナキー。
その強さに向上心をそそられるどころか、反省も無く平然としていた。
1996年初夏、バドミントンに対してはまだまだ劣等生でダメ男のままであった。

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

こんにちは

ジャンボーグ様
私もバドやってます。
楽しく読ませて頂いていますので引き続き更新よろしくお願いします。

では、また・・・

初コメント!ありがとうございます。
少し前の話からになりますが
ぼちぼち更新しますので
よろしくお願いいたします。

辻田さん・岸田さん

なんと 懐かしい お名前が・・・・



さて 続きを読みますね

辻田さんw今でもめっちゃすごいですw前衛で何もさせてもらえない…口が悪いのは昔からですか?
トップだった方はみんな口悪いと思いますがw
辻田さん、貴田さん…

大先輩達になりますので
ノーコメントとさせていただきます…(笑)
非公開コメント

アクセス
ランキングボタン

ランキングに参加中。
みなさま訪問毎ワンクリック
よろしくお願いいたします。
カレンダー
プロフィール

ジャンボーグ

Author:ジャンボーグ
---バドミントン経歴---
唐崎中(滋賀)
比叡山高(滋賀)
京都産業大(京都)
NTT関西(大阪)
NTT西日本大阪(大阪)
大阪トリッキーパンダース(大阪)

現:無所属(大阪府実連)

利き腕 : 右
ラケット : Babolat SOLAR 2

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。