スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10 「トンネルの向こう側」

1996日本リーグ後半戦、勝負は第6戦のNTT東北戦にかかっていた。
勝てば最下位の可能性はゼロになり残留確定。
負ければNTT東北・ベスト電器との最下位争いになる。
「最下位は嫌じゃ~」
と哲ちゃんが言うと
「あの雰囲気だけは耐えられん!」
ベテランの村山・早戸までがこう語る。
きっとその日の体育館はものすごい緊張感なんだろう。
(降格の入れ替え戦はリスクしかないもんな…)
NTT東北との力の差は無く五分五分。
なんとしても勝たねばならない試合は出場メンバ全員であった。
「哲さんはいけるんちゃいます?日本チャンピオンに勝ってるし」
「どうかな~(といいながら自信満々)」
「そろそろ勝ちたいな~」
「東北に負けたら全敗になるぞ~」
「それだけは…イヤ!」
(おもいきりやるだけ)
そう決めて決戦の場である深谷市に乗り込んだのである。
こちらは特にオーダ変更も無く真っ向勝負。
自分の出番は第1ダブルスである。
相手は寺島(剛志)・内村(剛)で特徴は…特になかった(スミマセン…)。
勝負は第一ゲームから白熱したものとなる。
こちらの調子は相変わらずので主導権は握れていなかった。
ただ相手も緊張のせいか動きがぎこちない
そのため点数はもつれ、セティングに突入。
だが最後の1点をもぎ取れず17-18で負ける。
(今日もダメなのか…)

つづく…



ランキングサーキットに参加中。
皆様の力で初優勝を目指しています。(あと1歩!?)

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
ランキングボタン

ランキングに参加中。
みなさま訪問毎ワンクリック
よろしくお願いいたします。
カレンダー
プロフィール

ジャンボーグ

Author:ジャンボーグ
---バドミントン経歴---
唐崎中(滋賀)
比叡山高(滋賀)
京都産業大(京都)
NTT関西(大阪)
NTT西日本大阪(大阪)
大阪トリッキーパンダース(大阪)

現:無所属(大阪府実連)

利き腕 : 右
ラケット : Babolat SOLAR 2

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。