スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12 「非常事態&節目」part3

総合と言えばミックス。
3年連続3位という名誉?不名誉?な記録で
平井/貴田ペアは第2シード。
しかし、貴田がベスト電器に移籍してから
ミックスの練習はゼロ。
しかも、総合の権利もある為
社会人大会も出ていなかった。
(オレがシングルスしたかったから…)
当日、会場で顔を合わせそのまま試合。
昨年はそれで何とか勝っていた。
当時、結構ミックスには自信があったのだ。
(オレ得意かも…と)
さて、1回戦の相手は
平井/貴田 VS 薄(智彦)/川口(桐香)<ベスト電器>
関西学生界出身で良く知っている相手だ。
(同じチーム<ベスト電器>同士かよ…)
社会人で対戦している松井(マチュ)に事前に聞いた。
平井「マチュあいつら強い?」
松井「大丈夫っすよ」
平井「おまえ負けてるやん…」
松井「エヘヘヘヘ…」
(あいかわらずイイ情報くれねぇなぁコイツは)
試合開始。
第1ゲーム序盤で血の気が引いた。
全く逃げ場が無かったのだ。
前は全て川口に止められ、弟(ケイシ)同様
嫌なところに嫌なタイミングで打ってくる。
たまらず奥にロブを打つと
薄がバネのある足で飛びついて連続攻撃
(コイツ横の動き速ぇぇ~)
後ろからの脅威は感じないのだがハーフあたりのアタックは
今でもこの男の攻撃が一番強烈に印象に残っている…
(つ・強い!)
手も足も出なかった。
ミックスでひさびさに完敗。
(6-15・6-15)
しかも、悔しくなかった。
(それぐらい完成度に差があった。)
薄/川口組はそのまま勝ち続け優勝。
平井「貴田~スマンな~。ついに負けたな。」
貴田「あの2人メッチャ練習してたんですよ。」
平井「・・・だよね。」
そんなにうまくいくはずがないのだ。
(ミックスこそ練習しないとダメだな。)
それよりも…
平井「マチュ~あいつらメチャ強いやんけ!」
松井「アレーそんなことなかったですけど…」
平井「使えネェなぁ」
松井「?…ということは」
  「僕の方が点数取ったから僕の勝ちですね…」
平井「だまれ変態!」
結局、ミックスもベスト8入りできず
次年度の全日本総合の参加資格を失うことに
個人戦に関してはこの総合が節目となり
次年度以降新たなペアで参加することになるのである。

(その他の西日本メンバーの試合も印象に残る試合の少ない総合でした…)



ランキングサーキットに参加中。

こちらもよろしく!
http://jumboog.iku4.com/

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
ランキングボタン

ランキングに参加中。
みなさま訪問毎ワンクリック
よろしくお願いいたします。
カレンダー
プロフィール

ジャンボーグ

Author:ジャンボーグ
---バドミントン経歴---
唐崎中(滋賀)
比叡山高(滋賀)
京都産業大(京都)
NTT関西(大阪)
NTT西日本大阪(大阪)
大阪トリッキーパンダース(大阪)

現:無所属(大阪府実連)

利き腕 : 右
ラケット : Babolat SOLAR 2

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。