スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6 「第1回 日本ランキングサーキット」④

「こんにちはっ!」「お願いします!」
岸田さんにペコペコしている男がいる。
中村(寿史)だ。
(まぁ大学の後輩になるからしゃーないなぁ)
さて、プレーはどうですか?
(うまいな…でもパワー無いな…)
コレが中村への第一印象。
(うわーガツガツしてんなぁー)
コレが大束(真也)への第一印象。
でも、怖さは(まだ)無かった。
なにより、勝利への執念は感じれなかった。
特に中村からは…
(八代東卒業してノビノビしたいんやろーなぁ…)
結果は勝ち。
(そんなに印象に残っていないです。スマンね。)
最後は2勝同士のリーグ1位決定戦。
天敵 片山/久保田である。
結果は負け。
(これまた記憶に残っていない。)
そう、今思うと申し訳ないが
自分たちのペアに限界を感じていた時期であり
上位に対しての勝利への執念は随分と薄れていた。
(しかし、下位には負けられん!と自分は思っていましたが…)
結果は2位抜け。
(5位~8位決定戦へ)
次の相手は、村中(陽介)/田上(良治)<YKK九州>
苦手である。特に田上が!
(チョコチョコすんなよ!)
そう思ってる段階で負けているのだろう。
結果は当然負け。
最後の7位/8位決定戦は
加賀谷/矢部<日本ユニシス>
得意!やりやすいー。
(スピードは無いからね~)
やっぱり結果は勝ち。
こんなもんである。
(やはり気持ちが一番大事なのである)
そのころ、我がチームのもう一つのペア
川口(バカ)&松井(カニ)は…
リーグ戦は4位…
(16位は逃れたい!)
という気持ちの現れで
町田/渡辺<NTT東日本>を撃破。
最終戦で松本(徹)/青木(孝徳)<早稲田大学>を撃破
なんとか13位をキープしていた。
最終的に優勝は
シングルス 舛田
ダブルス 片山/久保田
大番狂わせは無く
ランキングに近い結果となったのである。

そして、総合に次いでポイントの高い大会であるにもかかわらず
なぜか練習試合のような空気感で行われているのを
わたくしはとても不思議に感じながら帰ったのを覚えている。





ランキングサーキットに参加中。

こちらもよろしく!
http://jumboog.iku4.com/

テーマ : バドミントン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
ランキングボタン

ランキングに参加中。
みなさま訪問毎ワンクリック
よろしくお願いいたします。
カレンダー
プロフィール

ジャンボーグ

Author:ジャンボーグ
---バドミントン経歴---
唐崎中(滋賀)
比叡山高(滋賀)
京都産業大(京都)
NTT関西(大阪)
NTT西日本大阪(大阪)
大阪トリッキーパンダース(大阪)

現:無所属(大阪府実連)

利き腕 : 右
ラケット : Babolat SOLAR 2

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。